せどりで注意しておきたいこと

ビジネス始めたばかりの方はわかりづらい言葉として月商、月収があり、これはどちらも1か月間に入った額を示しますが、意味は全く違います。そしてこれからせどりで稼いでみようと情報集めてる段階でせどりで月商300万円などきけばすごいと思う方が多いはずです。中には月300万絵なれば生活豊になって、新車を買いおいしいモノ食べてなど夢ふくらんでる人もいるでしょう。ですが月商という言葉はちょっと注意が必要なのです。たとえ月商何百万円でもそのお金自由に使えるわけではありません。せどりは安く仕入れた商品高く売って、その差額が利益になります。この特れた額の合計が月商です。そして、月商から仕入れ代金など引いた残りが利益となり、1か月の間に100万円分の消費に入れ100万円で売れたら、このとき月商は100万円ですが、利益はないです。月商いくら高額でも仕入れた商品仕入額で転売してるだけです。月商は仕入れ額、手数料がふくまれていて、売り上げた金額すべて収入になるのではないです。この点月収と異なります。そして、せどり月収は1か月の総売上額から総仕入れ額など必要経費差しひいた純粋にも手元に残る利益す。せどりにかかる必要経費ですが、大きなものは仕入れ代金で、せどりをするとき実際の店舗、ネットショップで仕入れます。せどりは商品販売して利益得ますから、仕入れのため資金がどうしても必要で、手数料も必世杖巣。仕入れた商品売るときアマゾンなど利用することになって、それらサービスに必要なのです。これはせどりに必要な経費で仕入れ代金の次に大きなもので、販売にかかる手数料をどうコントロールするかでせどり月収が変わってきます。せどりは配送料、梱包材の購入費など必要経費としてかかります。また、月収からこれらの経費差し板のがげっ種ですが、初心者のうち経費少なくみつもってしまうことがありますが、かかった経費適切に把握しないことには月収ただしく算出できないのです。また、せどり始めたばかりのときどれぐらいの月収になるかは資金あるかないか、その資金額によります。もし資金豊富であれば、はじめからある程度の月収稼ぐのは難しくありません。ですが、はじめ1か月間は資金あっても仕入れ額により赤字になることもあり、仕入れた商品うれるまでどうしても時間がかかり、せどり始めて売れるまで時間かかるのはアカウントの問題もあります。また、せどり始めて1か月目はアカウント実績がなくて評価ほとんどもらえないです。なので、商品売れ行きはじめはゆっくりです。

投稿日:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です