名刺などのデータの入力する仕事

多くの企業では、紙媒体のデータを電子化しています。紙の資料を保管するのも限界があるので、データ化している訳です。実は、その電子化に関わるネットビジネスもあります。データの内容も色々ありますが、特に多いのは名刺です。

なぜ企業は電子化しているのか

企業が電子化している理由の1つは、保管場所です。多くの企業では、膨大な量の情報を抱えています。顧客データにしても、かなりの量であることは間違いありません。データには色々な活用方法があるので、各企業としては常に保管しているのです。
多くのデータは紙媒体で記録されています。分かりやすい例は、レシートです。もちろん多くのレシートは、紙で発行されるでしょう。
レシートも、少量なら保管可能です。しかしレシートの枚数が増えてしまえば、保管するのも大変でしょう。経年劣化もありますし、多くの企業はデータを電子化している訳です。

データ入力を外注している企業

データ化する以上は、企業としては入力作業も行わなければなりません。しかし膨大な量のデータを入力していくのは、もちろん手間がかかります。時間もかかるでしょう。
ですから、企業によってはWEBで入力作業を発注しているのです。不特定多数の方に入力作業を代行してもらい、データ化している訳です。

名刺入力というネットビジネス

その入力代行に関するネットビジネスも色々ありますが、その1つは名刺です。
展示会などのイベントに行きますと、名刺交換する事もあるでしょう。そのデータも、やはり入力する必要はあります。
そこで企業としては、その名刺のデータ入力を外注している訳です。その入力作業を引き受ければ、もちろんお金を稼ぐ事はできます。名刺1つにつき0.5円などの形で、報酬が支払われます。ポイントサイトなどに登録してみると、名刺入力の仕事を見かけることがあります。WEBで仕事を受注できるので、いわゆるネットビジネスの1つに該当するのです。

企業情報や印鑑などの入力代行も

何も名刺だけではありません。たまに企業情報の入力代行の依頼もあります。色々な企業の電話番号などの情報を確認して、入力する仕事もあるのです。クラウドソーシングに登録してみると、たまに企業情報の案件を見かける事があります。
それとあまり知られていませんが、実は印鑑のお店は入力作業を代行して欲しいと思っている事が多いです。印鑑のお店と交渉して、その入力作業を引き受けている方もいます。
入力作業のネットビジネスは、単価自体は低めです。かなりの作業量をこなす必要があり、作業効率が求められます。

投稿日:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です